落魄の月

感想文倉庫

「神様は毛玉 オタクな霊能者様に無理矢理こようされました」栢野すばる

 正直にいって、このTLによくみられる長ったらしい副題をつけるタイトルからいってぜんっぜん期待してなかったんですが、中身おもしろかった……。タイトルどうにかしてくださいよ、これ。あと帯、完全に重要なネタバレしている。

 

 そう帯にあるように主人公は死んでしまったのだ!!!!!!(これ中盤以降にでてくる大事なところ)。そうしてたまたま散歩していて通りかかった神様が慰めようと近寄ったら、うっかりくっついてしまい、元サラリーマンと毛玉神様の融合体ができあがったのである。毛玉さま、くっついた衝撃で色々記憶が吹っ飛んでしまったようで困っていたところ、毛玉、もというちの守り神ですと名乗り出てきたのは美青年霊能者。守り神がいないと仕事にならないし、それ離れないんで、一緒に住んでね、といわれ主人公はお祓いの場にひっぱりだされ、毛玉のブラッシングとシャンプーを生業にすることに。

 と、ここまでは結構みるかもしれないけど、ここからもう一歩踏み込んだのが評価が高い。それは神様・しろと雇い主であるところの忍の関係である。忍はできうるかぎりのお祓いは受けたいとおもっている。けれど自分の力が足りずに歯がゆい想いをしている。ひとびとの信仰がうすれ、しろと忍の力はどんどん弱まっていき、忍がどれほど願ってもしろの力は弱りはしても強まりはしない。一方のしろは、忍がしろのことを信じていないという。しろはお祓いの便利な道具ではなく、信じてもらうことによって力をだすことのできる神であると。このふたりのすれ違いを、お人好し主人公が間にはさまってひっぱたいたり引きずったりしながらどうにかこうにか理解させていく。

 

 毛玉かわいいでしょ!美青年いいでしょ!おいときましたよ!でおわってないで、ちゃんとキャラごとに役割があり、全体的な話をきちんとまとめられているのがすごくよい。ていうかやっぱりタイトルをどうにか。

 

 個人的につぼだったのは、「給料振り込んどいたよ」っていわれて八百万の振り込みを確認した主人公が「もっと常識的な額にしろ!所得税とか所得税とか大変なんだぞ!」ってくってかかる場面。なんて現実的な主人公なんだ。地に足をついたキャラだなって平凡だけどバランスがいいな、って感じるエピソードでした。

「アンティーク鑑定士天羽奏の祓魔録」牧山とも

 謎の新興ライト文芸レーベル、二見サラ文庫の第二弾配本分。著者はBL作家でもある牧山とも。表紙は『バリエ・シリーズ』などの木々。あやかし×おみせ×ごはん×悩み相談。

 

 主人公の片方はレストランの経営者で、幼なじみのアンティークショップの店主はそのレストランの常連。ついでにいうともとバチカンエクソシスト。悩めるひとを放っておけない主人公は、アンティークショップにもちこまれたいわくありげな物品について相談を受けたり、幼なじみ経由で話をうけたりする、というスタイル。

 

 全三話でそれぞれの話は完全に独立している。なんというか、この手の話としてはそこそこよくあるできの話というか……。主人公二人が過度にべったりすることもなく、雰囲気楽しんでね!って感じかな。

「〈魔震〉戦線」菊地秀行

 〈魔界都市〉を生み出した〈魔震〉とはなんなのか、根源を問い直す一作。最大の見所は、めふぃが握手をした男がいるってところですね!

 

 これはちょいちょい出てくる話なのだが、〈魔界都市〉新宿とはなんなのかって話。亀裂によって他とは隔離され、その中では妖魔がうろつき未知の危険生命体・病菌が蔓延、人々は凶暴性を帯び、自営の為に武器を持ち歩くのは自明のこと。他で生きられないものがやってくる場所であり、その代表は戸山住宅の吸血鬼たち。新宿区民であれば、その権利はどんな妖物であっても生きることは許されるが、もちろん新宿の中のルールによって裁かれる。一方で、他ではみられない奇跡的な効力をもつ植物があったり、技術が確立されたりと、宝の山にもみえる。

 

 この話では新宿が宝の山にみえるひとたちが、他に新宿を作り出そうと〈魔震〉を巡って争う話。もちろん〈魔震〉というのは大量の命を奪う者であり、めふぃが握手した男は勇者ともいうべき志の男であったと。なんでチベット、ときどきインドにいくよね、魔界都市

「〈魔界都市〉ブルース 媚獄王」菊地秀行

 西新宿のせんべい屋のいとこ、歌舞伎町の花屋・秋ふゆはる初登場編。

 

 秋ふゆはるは、〈魔界医師〉の『夜怪公子』の方で一度登場しているのを読んでいたのだが、この巻ではまだ顔見せはなし。ただただ手が美しいのです!という菊地先生の熱意をみせられる一作。花屋の店番姉妹がどこからどうみても、某姉妹で脳内映像はもうそれでしか再生できない。

 一作目では調香師兼花屋というところで、公務員に化けているときの言動がちょっとおもしろかった。

『囮 探偵助手は忙しい』高岡ミズミ

 ものすっっっごくひさしぶりに高岡ミズミ。

 

 主人公はイラストレーターを生業にしているが鳴かず飛ばず。独立したいものの叔母の家に居候し、両親には心配をかける日々。そんな主人公に叔母が紹介してきたのが、とある探偵社での助手の仕事。呉服屋の次男坊という裕福な美青年がやっている探偵業に流されるまま付き合うことになった主人公は、「オカルト専門」だという仕事に「化け物に好かれやすい体質」をかわれて囮役として体を張ることになる。

 

 気むずかしくて人付き合いがない探偵となにくれと他人に好感をもたれる平凡な助手というある種の様式美。囮になる助手に「かならず守る」と誓う探偵、といったあたりもそれ。オカルト専門探偵という部分に関してストーリーは多大な疑問を残しつつ、ホワイトハートお家芸岡野麻里安的なBLぎりぎり路線を狙うのかとおもったものの、がっつりセックスしていてちょっと笑ってしまった。あてがうだけ、先っぽだけ、とかいいつつ全部突っ込むのは笑いどころのなにものでもない。

『それは運命の恋だから』月村奎

 小説Dear+購読してるので、そういえば雑誌掲載で読んだなと思い返しつつ。

 

 ゲイであることを隠し普段はクールな独身主義を演じる主人公は、その実ロマンス小説の愛読者でありいつかは運命的な恋をしてみたいとおもっている。しかし現実にそんなロマンスは望めず、諦めて現実的な同性愛者限定のお見合いパーティーに出席する。そこで一目で惚れた好みの男性とであうものの、同じ席についての会話は終始無言。他の相手もあまりいいともおもえなかったのだが、最後の投票でその相手とカップルが成立する。一方、主人公が一目惚れした相手は従弟のつきあいで参加しただけでのノンケであった。パーティーの後、事情を説明しようと主人公を喫茶店に誘うが、恋愛に関して自信の無い主人公がカップル成立に感涙してしまい説明する機会を逸してしまう。

 

 月村奎の主人公としは頻出する、容姿はすごくいいのに恋愛下手かあるいはトラウマがあるタイプ。恋愛事に関する自己評価は常にひくく、相手の好意を素直にうけとれず、終始びくつく。『恋する臆病者』とか『CHERRY』あたりがそんな感じ。この主人公もご多分に漏れず、相手がもとノンケだと知り話も聞かずに暴走する。『CHERRY』の主人公は大学生だし、まぁなんか虚勢を張るのもかわいいかなという気分もあるが、この主人公はわりといい大人だし、相手の愛情は疑いようもなくかけられているし、めんどくさいなという印象。

 

 従弟のほうがよほどかわいげがあるんじゃないかとおもいました。書き下ろしが従弟の話。

『恋煩い』砂原糖子

 再開発事業の会社の社長である主人公は、事業の進行を妨げる一軒のぼろ家にいらつきを感じていた。「空き部屋全部借り上げて柄の悪い連中を送り込んで他の住人をおいだせ」というぎりぎりの戦法をくりだそうとするも、借りられた部屋は一部屋だけ。酔っ払って転がり混んだその部屋で夜中に目を覚ますと壁から光がもれていて、覗いてみると隣の部屋で男が自慰をしていた。そんな出会い。

 

 そんな出会い?

 

 昔付き合ってた委員長とにてるなとか男日照りだからあんなんでときめくとか色々言い訳していたが、それなりにつきあっていくうちに好きになってしまう社長。しかしもとはといえば立ち退きを迫っていた身であり、その事がばれてしまう。

 

 社長のキャラクターが結構かわいくて、口が悪いし自分は性格が悪いと自認していながら、わりと隙があって人恋しくて優しい。台詞ひとつっとってみたって「再開発だってじじばばが歩きやすくする工夫がある」、といったふうに「じじばば」なんていいながら結局「じじばば」の為だと白状してしまったり。社長の秘書が「何でも知っておきたいんです」というとっても有能なひとなのだが、別の視点では秘書もわりと社長のことかわいいとおもってるんだなっていうエピソードがあったり。嫌いな重役との会食の後の送迎を、仕事外だから断ってもいいけど断ると「拗ねる」って先読みしてたりね。

 センセーショナルな出だしと、主人公のキャラがとても好きな一作。